admin

びっくり!アメリカの離婚ビジネス最前線

アメリカは、離婚率の高い国として知られています。
離婚率が高いがゆえに、離婚ビジネスが盛んだそうです。

テレビでアメリカの離婚ビジネスについての特集をやっていたので、見てみました。
まず、離婚エキスポというイベントが開かれていることに驚きました。

離婚率が多いために、多くの人が情報を必要としているのでしょう。
なので、離婚に関する情報を一同に集めたイベントが人気を呼んでいるのだと思います。
エキスポというネーミングから、離婚に対する罪悪感などは微塵もない印象です。

アメリカのあるイベント会社では、離婚パーティーを開くサポートをしているそうです。
離婚を祝ってしまうというのが、私の今までの価値観をひっくり返すものでした。
離婚ってショックだったり、辛かったり、とてもじゃないけどパーティーを開く心境ではないはずです。

しかし、むしろ辛い経験だからこそ、いっそパーティーを開いてしまって前に進もうという思いがあるそうです。
イベント会社代表の女性は、離婚で非常に辛い思いをしたそうです。
だからこそ、離婚で辛い思いをする人の傷を癒さればという思いから会社を設立したんだそうです。

離婚パーティーの模様も移されていたんのですが、離婚ケーキに、結婚指輪を風船で飛ばすパフォーマンス。
確かに離婚への思いは吹っ切れるかもしれません。
多くの日本人の感覚からしたら、「恥ずかしい」という思いが先に立つような気がしてなりません。

私は独身なので、結婚・離婚とも経験がありません。
けれども、結婚を前提に付き合っている彼氏はいます。
まだ結婚に夢を持っていたいですし、結婚した限りは長く一緒に過ごしたいと思います。

一度は愛し合って結婚を決めたはずなのに、離婚という形で別れが来る。
結婚前の独身女性としては、あまり考えたくない現実です。

しかし自分が結婚して、もし離婚という形で別れが来るとしたら、非常に辛い思いをするでしょう。
なかなか離婚のショックから立ち上がれずにいるかもしれません。

思い切ってアメリカ式に離婚パーティーを開いてしまうことは、立ち直る過程では必要なことかもしれません。
最初は偏見がありましたが、離婚女性の立場に立って考えると離婚パーティーもありかな?と思えてきました。
もちろん独身女性の私は、結婚が先ですが・・。

というわけで、友人に誘われて東京で開催されるお見合いパーティーに今度参加します。
離婚パーティーよりお見合いパーティーにとりあえずお世話になりたいと思います。