admin

スマホデビュー検討中!

今、スマホデビューを検討しています。
スマホを持っていることが当たり前になってきているので、「なにを今さら」ではあります。

今までは携帯電話でも、不自由を感じなかったんです。
けれども、病気療養生活を快適にするためにスマホデビューを決めました。

病気療養とスマホ、関係あるのかと言われそうです。
実は、私は筋肉が徐々に衰えていく病気にかかっています。

病気の悪化で、携帯電話のボタンを押すことが辛くなってきたのです。
健康な人ならボタンを押すなんて、大したことのない動作です。
私の場合、手の筋肉を使い続ける動作により、筋肉が固まって動かなくなってしまうのです。

そこで同じ障害を持つ友人から、スマホは究極のバリアフリー・アイテムだよと勧められたのです。
私はタブレットPCを持っているので、必要ないと言っていました。
けれど、友人のスマホを見ているうちに羨ましくなってきたのです。

今はいろいろなキャリアの商品を比較検討しています。
指紋センサーがついているスマホもあるそうです。
認証ロックを常に使っている私にとっては、いちいち数字を入力しなくてよいのは魅力的です。

最近は、デュアルコアCPUなど処理速度が速いスマホが主流です。
サクサク快適に、ネットができるのも魅力です。
いろいろ調べているだけでも、気分がウキウキしてきて、楽しくなります。

障害を持った友人は、スマホのおかげで世界が広がったと言っていました。
私はなんとか座ることができるので、ノートパソコンを使うことができます。

けれど、友人は起き上がることが難しいのですが、スマホを顎で支えながら、器用に電話やネットをしています。
今までは正直なところ、世情に疎いところがあったのですが、今は流行りのカフェから新製品情報に敏感です。
性格もこころなしか、変わっていっているように感じます。

人に聞かないと情報が集められなかったそうなんですが、わからないことがあればすぐに調べられるようになったそう。
スマホは人生に欠かせないと語っています。

スマホはハンディキャップを持っている人の可能性を広げてくれるユニバーサルデザインアイテムだと思います。
私も早くスマホ・デビューをしたいです。